虫歯治療・無痛治療・歯周病治療は明石市の歯科医院(歯医者)明石駅前歯科クリニックへ/虫歯治療・無痛治療・歯周病治療対応の明石市の歯科医院(歯医者)明石駅前歯科クリニック

ネット診療予約
  • 明石市 歯科医院(歯医者)明石駅前歯科クリニック
  • サイトマップ
  • 明石市 歯科医院(歯医者)明石駅前歯科クリニック
  • 院長・歯科医師紹介
  • 診療科目案内
  • クリニック紹介
  • アクセス
  • ネット診療予約
無料カウンセリング
虫歯治療(無痛治療)&歯周病治療
トップページ > 診療科目案内 > 虫歯治療(無痛治療)&歯周病治療
無痛治療について
無痛治療明石市の歯科医院(歯医者)明石駅前歯科クリニックでは、患者様が安心して治療をお受け頂けるように「痛みの少ない治療=無痛治療」に取り組んでおります。

患者さんは必ず歯科医院に不安を持って来院されると思います。怖い原因は、治療時の痛みもそうですが、「ドリルのキーンとした音」や、「今何をされているか分からない」と言った不安要素が大半のようです。

明石市の歯科医院(歯医者)明石駅前歯科クリニックでは、痛みの少ない治療(無痛治療)を心がけ、不安を解消していただく為に治療についてのご説明をきちんと行います。

そして、痛みの部分を少しでも無くせるように、以下のような取り組みを行っております。

無痛治療への取り組み

歯ぐきに塗るタイプの表面麻酔を使用
歯ぐきに塗るタイプの表面麻酔 麻酔針が刺さる時のチクっとする痛みは、誰もが苦手だと思います。そこで、明石市の歯科医院(歯医者)明石駅前歯科クリニックでは「表面麻酔」と呼ばれる塗り薬を使って、 麻酔の注射針が刺さるときの痛みを抑えるようにしています。
電動注射器
電動注射器

麻酔液を一気に注入すると痛みを伴うことがありますが、電動麻酔注射器を利用すれば、一定の速度で麻酔液を注入することができるので痛みを減らすことが出来ます。

明石市の歯科医院(歯医者)明石駅前歯科クリニックでは、ニプロジェクトという歯科用電動麻酔注射器を採用しております。

33Gの麻酔針
CARPULE 33G 麻酔注射の痛みを和らげるには、出来るだけ細い針を使うことも重要のため、明石市の歯科医院(歯医者)明石駅前歯科クリニックでは販売されているものの中で、1番細い細い針である「33G」の針を使用しています。一般的に使用されている30G、31Gよりも細い針をです。 
カートリッジウォーマー(歯科用局所麻酔剤用の保温機)
カートリッジウォーマー

麻酔注射時の痛みの大きな原因の一つが麻酔液の温度です。
麻酔液を体温近くに温めることで疼痛の緩和になります。

明石市の歯科医院(歯医者)明石駅前歯科クリニックでは、痛みが少ないとされる人肌にまで麻酔液を温めるためにこの機器を使い、体内に入れる際の刺激を軽減します。

以上のように、明石市の歯科医院(歯医者)明石駅前歯科クリニックでは、無痛治療において様々な取り組みを実施しております。痛くない治療=無痛治療をご希望の方は、是非、明石市の歯科医院(歯医者)明石駅前歯科クリニックへご来院下さい。患者様にとって、極力痛くない治療にて対応させて頂きます。
次に、虫歯治療についての詳細を掲載しておりますので、是非、ご覧ください。

虫歯治療・無痛治療・歯周病治療は明石市の歯科医院(歯医者)明石駅前歯科クリニックへ/虫歯治療・無痛治療・歯周病治療対応


虫歯治療について
虫歯治療について歯科医院(歯医者)に、ご来院される理由の大きな一つが「虫歯になったから」だと思います。

では、「なぜ、虫歯ができるのでしょうか?」

虫歯とは、口腔内で細菌が作り出した酸などにより再石灰化が追いつかず、歯が溶かされ、穴があいてしまう病気の事で、感染症の一つとされています。初期段階では痛みを感じないため、自覚症状がないまま進行してしまうのが特徴です。

一度虫歯になると自然には治らず、放っておくとどんどん悪化し、歯を多く削ることになってしまいます。

虫歯が大きくなると歯の神経を取らなければならなくなることや、場合によっては歯を抜かなければならなくなることもあります。早めに治療すれば、削る部分が少なくてすみます。

どのような病気も早期に発見し治療することが良い結果につながります。
初期のうちに診察を受けることをおすすめします。

また、虫歯は、以下のような流れで進行していきます。

虫歯の進行
C0:脱灰

C0:脱灰

痛みがなく、自覚症状はありません。
この段階なら、適切なブラッシングとフッ素塗布により、再石灰化して治ります。

C1:歯の表層(エナメル質)の虫歯

C1:歯の表層(エナメル質)の虫歯

まだ痛みはありませんが、歯の表面が白くにごり、ザラついてきます。
この段階も歯を削る治療は行いません。
適切なブラッシングと再石灰化を促す処置を行います。

また、定期的な観察で虫歯が大きくなっていないかのチェックが必要です。

C2:歯の中(象牙質)の虫歯

C2:歯の中(象牙質)の虫歯

C2:歯の中(象牙質)の虫歯この段階になると、冷たいものや甘いものを食べたり飲んだりすると、しみたり痛んだりします。

治療は虫歯の部分を削り、詰め物(インレー、レジン)で保護します。

C3:神経まで達した虫歯

C3:神経まで達した虫歯

C3:神経まで達した虫歯この段階までくると、激しい痛みを感じることがあります。
治療は神経を取る必要が出てきます。

神経の治療後、かぶせ物(クラウン)を装着する形が一般的です。。

C4:歯の根まで達した虫歯

C4:歯の根まで達した虫歯

ここまで進行すると、炎症を起こして膿がたまり、最悪の場合抜歯が必要になります。

この状態にならないように早期に歯科医院を受診してください。

歯をできるだけ残すためにも早めに治療にお越し下さい。治療後は毎日の歯磨きと医院での定期的な検診を受けていただくことで、虫歯の再発を最大限減らすことが出来ます。

虫歯治療の方針
虫歯治療の方針明石市の歯科医院(歯医者)明石駅前歯科クリニックの虫歯治療は、できるだけ健全な歯を残し感染した歯質を確実に除去できるようマイクロスコープまたは、拡大鏡を使用いたしております。

虫歯が深い場合は、歯髄(歯の神経組織)が露出しない様可能な限り虫歯を取った後CO2レーザーで、深部に残った虫歯を照射し乾燥、硬化させセメントで詰めます。

神経が露出した場合でも封鎖性の高いセメントを使用し歯髄(歯の神経組織)をカバーすれば、助かる可能性を最大限向上させることができます。歯髄(歯の神経組織)を除去すると後年歯は、もろくなります。

明石市の歯科医院(歯医者)明石駅前歯科クリニックでは、歯髄(歯の神経組織)を守ることを第一に考えて治療し、歯を出来るだけ残し、なるべく痛くなく、快適な歯科治療を目指しています。

次に、歯周病治療についての詳細を掲載しておりますので、是非、ご覧ください。

虫歯治療・無痛治療・歯周病治療は明石市の歯科医院(歯医者)明石駅前歯科クリニックへ/虫歯治療・無痛治療・歯周病治療対応


歯周病について
プラークの細菌歯周病とは、歯垢(プラーク:細菌の塊)によって歯を支える骨や歯肉との付着が失われる病気です。また、「歯周病は歯を失う最大原因」です。
統計によると、35歳で80%以上の人が歯周病になっています。

歯を失う最大原因とも言える歯周病は、サイレントディジーズ(Silent Disease:静かなる病気)とも呼ばれ、痛みなどの自覚症状が出にくく、症状が顕著に出る状態にまで放置してしまうと既に歯周病が進行した状態になってしまっています。

長い期間をかけて徐々に進行し最後には歯が抜けてしまいます。初期の頃は痛みも無く歯ぐきからの出血、口臭程度でほとんど自覚症状がありません。ある程度悪化してから噛めない、腫れている、歯が動く、隙間ができた、歯並びが変わった、などで歯周病だと気づきます。

歯周病は、歯垢(プラーク:細菌の塊)中の細菌の出す毒素によって引き起こされます。お口の中に残った食べ物は細菌が増殖する原因になり細菌が増え炎症が引き起こされると初めは歯肉だけが腫れる歯肉炎、さらに症状が進むと歯根膜、歯槽骨まで破壊される歯周炎へと進行します。歯肉炎は歯肉の炎症が治まれば元の状態に回復しますが、歯周炎では破壊された歯周組織を炎症が治まった後に元通りに回復させることは特別な条件がそろわない限り難しいのです。

?????g??X?P?[???[?????C?A????????まず、第一に大切なのはブラッシングです。適切な磨き方で原因になっている細菌の量を減らし炎症をおさえます。
炎症が改善すれば歯肉からの出血や歯肉腫脹が良くなってきます。
歯ブラシのトレーニングと同時に歯周ポケットの中に溜まった歯垢(プラーク:細菌の塊)歯石を超音波やスケーラーで除去します。
歯石には細かい穴があいており細菌のすみかになっておりますので、徹底的に取り除けば多くの場合改善します。
歯周病が、進行し歯の動揺がひどい場合は、歯を固定し揺れにくくします。
歯周ポケットから膿がでる場合は、抗生剤を内服することや、直接歯周ポケットに抗生剤を注入するのも効果的です。

また、ある日突然、歯周病になるわけではありません。実は、10代から少しずつ進行していき、20数年の歳月をかけて、歯肉をジワジワとゆっくり冒し、歯茎から血がでるという自覚症状がでる30代の頃には、もはや歯肉炎・歯周炎になっています。虫歯と違ってほとんど痛みがないため、気がついた時には抜くはめに・・・なんてこともありえる恐い病気なのです。

また、歯周病は、糖尿病や心臓病などの全身疾患にも悪影響を与えますので、適切な治療をうけお口の状態を良くすることが、全身の状態をも改善することにつながります。また、歯周病と診断された方で治療しても治りの悪い方は、一度血糖値や、HbA1cなど血液検査を受けることで、病気の存在を知るきっかけになりますのでお気軽にご相談ください。

歯周病の進行
歯周病に限りませんが、歯周病は悪化すると非常に恐い病気です。歯周病の進行段階は、下の図のように、大きく分けて「歯肉炎→軽度歯周炎→中等度歯周炎→重度歯周炎」という四段階に分けられます。
歯周病の進行
歯周病の原因はプラークですので、歯周病の重症度によらず、日々の歯磨き(ブラッシング)が最も重要な治療となります。軽度歯周炎で歯石が沈着している場合は、専用の機械・器具を使って歯石を除去します。

中等度以上の進行したケースでは、深いポケット内にある歯石が取り切れないことがあるため、歯肉を切除するなどの歯周外科が必要となることもあります。

重度歯周炎であれば、抜歯せざるをえない時もあります。

歯周病でお悩み・お困りの方は、明石市の歯科医院(歯医者)明石駅前歯科クリニックへご来院下さい。
まずは、現状の歯の状態をしっかりとチェックし、適切な予防対策、治療方法をご提案させて頂きます。

歯周病治療は明石市の歯科医院(歯医者)明石駅前歯科クリニックへ/歯周病治療対応の明石市の歯科医院(歯医者)


歯周病治療について
ブラッシング指導
ブラッシング指導歯周病の原因はプラークですので、日々のブラッシングが歯周病治療において最も重要です。

歯ブラシの当て方など、丁寧に説明させて頂きます。



スケーリング
スケーリングスケーリングとは歯に付着したプラーク歯石を除去する治療です。

歯石は歯面に付着したプラークに唾液中のリン、カルシウムが混じって石灰化したもので、表面は粗造でプラークが更に付着しやすいような構造をしており、歯に強固に付着しています。

スケーリングでは主に、超音波スケーラーやキュレットスケーラーを使用して取り除き、歯の表面をつるつるの状態にし、プラークが付着しにくい状態にします。


SRP
SRP長期間、歯医者さんで歯石をとっておらず、歯石が多くついている状態になると歯と歯ぐきの境目の溝が4-6mmと深い状態になってしまいます。

この状態になると歯石が歯肉の中にまで付着してしまっているため、麻酔(表面麻酔、局所麻酔)などを用いて、歯石を除去して歯の根元をきれいにするSRPという処置が必要になります。
この処置によって、ポケットが深い状態を改善することができます。

深いポケットを放置すれば、その部分の歯周病は進行してしまいますので、しっかり歯石を除去することが大切です。

SRPは、歯周病治療に関するトレーニングを積んだ歯科衛生士の協力が必要になってきます。外科処置をしなくてもこの部分の治療がきちんとできていれば、歯の延命につなげることができます。

歯周外科手術
骨の破壊が大きく、歯周ポケットが深いような箇所はスケーリングやSRPだけでは歯石を取り除く事が不可能です。このような場合は、歯周外科手術を行い、歯肉を切開して細かい部分まで歯石を取り除きます。

歯周外科手術歯周病や虫歯は予防できる病気です。だからこそ、しっかりと治療を行い、治療後に再発しないように「予防・メンテナンス」をしていくことがとても重要です。

歯科医師による治療、歯科衛生士による予防・メンテナンスと経験豊富なスタッフがチーム一丸となって、患者様のサポートを行いますので、歯周病でお困り・お悩みの方は、明石市の歯科医院(歯医者)明石駅前歯科クリニックへご来院下さい。

明石市の歯科医院(歯医者)/虫歯治療(無痛治療)、インプラント、歯周病治療、ホワイトニングなど対応の明石駅前歯科クリニック

  • 診療時間
  • ネット診療予約
  • 無料カウンセリング予約
  • スタッフブログ

明石市 歯科医院 明石駅前歯科クリニック

  • 診療科目案内
  • 虫歯治療・無痛治療
  • 歯周病治療
  • 予防歯科
  • 小児歯科
  • 審美歯科・ホワイトニング
  • マウスピース矯正
  • インプラント
  • 入れ歯・義歯
  • マイクロスコープ
  • デンタルローン

明石市 歯医者 明石駅前歯科クリニック

  • 明石駅前歯科クリニック求人情報
  • 明石 歯科医師求人情報
  • 明石 歯科衛生士求人情報
  • 明石 歯科技工士求人情報

明石駅前歯科クリニック 求人情報

明石市の歯科医院(歯医者)明石駅前歯科クリニック/虫歯治療(無痛治療)、インプラント、矯正歯科、審美歯科、ホワイトニング、予防歯科など対応の明石駅前の歯科医院(歯医者)


Top